LOVE SPORTS

左利きさんの日常生活!左利きは右利きよりもビンのフタを開けやすい!?【左利きの話】

Text:八田武志

左利きの世界~日常生活編~

左利きと右利きでは、世の中の見え方がまるで違います。右利きの人で、その違いに目が行くことは稀かもしれません。なぜなら世の中は右利き向けに最適化されているからです。逆に、左利きは普通に生活を送るだけでもさまざまな障害やストレスに出遭うことも。

たとえば、包丁やナイフはたいてい右利き用。特に片刃は左手での使用を想定していません。リンゴの皮を剥くだけでケガのリスクが・・・なんてこともあります。また、今や生活必需品となったパソコンは、マウスやキーボードなどの外部機器も含めて右利き用につくられています。

衣服も、上衣の内ポケットの有無やファスナーの構造など、左利きだとストレスを感じてしまう点があります。ほかにも、ネジは世界共通で右回り(時計回り)と決まっています。ところが、手首の構造上、右手は時計回りに大きく360度近く回せますが、左手だと180度も回せません。反時計回りに回すネジを開ける作業は、逆に得意といえるかもしれません。左利きがビンのフタを開けやすいのも同じ理由からです。

ささやかな例ですが、右側の窓の左側面に付いているサッシのロックの開閉も、左利きが有利な行為のひとつです。ほかにも日常生活に潜む例はさまざまあります。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内