LOVE SPORTS

絵の具のパレットやリコーダーの穴も右利きを前提に作られている!左利きにとって学校生活にも不便がいっぱいな理由とは!?【左利きの話】

Text:八田武志

カリキュラムに沿って運営される学校生活はデメリットが目立つ!?

左利き人生で最初にぶつかる難関が学校生活です。家庭や幼児教育の場では、集団生活における決まり事がそれほど厳格ではありません。それが小学校以降の義務教育の場となると、横並びでなければいけない要素が目立つようになっていきます。それが少数派の左利きには少なからぬストレスとなります。

小学校に進むと、算数の時間などで定規を使う場面が増えます。定規は線を引くとき左から右にスッと引くのが基本です。左端が0で、右に向かうにつれ数字が増えていく通常の定規は、左手だと線を引きづらいのです。

図画工作の時間に使うハサミや彫刻刀の一部も右利きが基本。左利きでは使いこなすのが困難です。絵の具のパレットも、持ち手の指を入れる穴が利き手側の左に空いています。理科で使う顕微鏡、音楽で使うリコーダーも右利きを前提に作られた道具です。いずれも左利きの人はうまく扱えず悔しい思いをした記憶があるに違いありません。

そしてきわめつけが、テスト。横書きのときの解答欄は右利きが基本なため、答えを書きながら問題を見ようとすると、用紙を押さえている左手を持ち上げなければなりません。このように、左利きにとっては、学校生活においてもストレスに満ちた空間になっているかもしれません。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内