LOVE SPORTS

左手と右手をバランスよく使うと脳が活性化する!?左手を使うと右脳が発達する理由とは【左利きの話】

Text:八田武志

左半身の機能を司る右脳が刺激を受けて活性化する

日常生活のなかで、人はひっきりなしに手を動かしています。ものをつかんだり、動かしたり。文字や絵を書いたり、料理を作ったり。できあがった料理を箸で口に運ぶのも手の仕事です。ほかにも、本のページをめくったり、楽器を演奏したりと、一つひとつあげていったらきりがありません。

そんな繊細かつバリエーション豊富な動きを実現させているのは神経や筋肉のおかげなのですが、それらの働きも、もとを辿ればすべては脳の指示があってこそ。目や耳、手足などと同じように、人間の脳も見た目は左右対称です。ただし、機能も同様かというとそうではありません。

左脳と右脳で役割分担をして、複雑に組み上げられた人間の思考や行動をコントロールしているのです。たとえば、左脳が主として言語情報の処理を、右脳が非言語である画像や空間の認識を担当していることはよく知られています。

さらに右脳が左半身の筋肉を動かし、左脳が右半身の筋肉を動かしていることも今では常識といっていいでしょう。それは逆にいうと、人が左手を使うことで右脳が、右手を使うことで左脳が刺激を受ける事でもあります。つまり、左手をよく使うことで右脳が刺激を受けて活性化し、右手をよく使うことで同じように左脳が活性化するのです。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内