LOVE SPORTS

視覚的なイメージで情報を記憶し、独創性に満ちたアイデアを生み出せる!【左利きの話】

Text:八田武志

右脳に蓄えられた大量の情報から独創的発想が生まれる

左利きと右利きでは脳のネットワークの構造が異なります。当然、情報の処理に関しても違いがあります。右利きはおもに言葉で情報をインプットしますが、左利きは情報を視覚的なイメージで記憶する傾向があるのです。

論理的に物事をとらえる左脳は、インプットされた言語情報を段階的にとらえていきます。これに比べて右脳は、カメラがシャッターをきるように全体のイメージを瞬間的に保存します。たとえとしてやや荒っぽいですが、パソコンのテキストデータと画像・映像データとの違いとでもいえばいいでしょうか。

自ずと後者の情報量は膨大なものになっていきます。主に右脳に頼る左利きは、常に多数派の右利きと自分を比べています。なぜ周囲の人々とは違うのか、どうすれば同じようにできるのかを考えています。したがって、対象について考える時間が右利きよりも長くなり、そのぶんだけ右脳の情報量は多くなります。

このようにして蓄えられた右脳の情報量の多さは、アウトプットする際の選択肢を拡げます。そのなかから常識にとらわれない新たな発想も生まれてくるといえるのです。このことから、脳を独特のメカニズムで使う左利きが独創的な発想をするのは当然のことといえるかもしれません。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内