LOVE SPORTS

左利きは日常から右利きの行動を見ている!?なぜ注意深く鋭い観察力に富んでいるのか【左利きの話】

Text:八田武志

日常的に、鏡に映る自分を観察している状態

ミラードローイングという言葉を知っているでしょうか。鏡に映って反転した自分の姿を、手元ではなく鏡を見ながら描くことです。右利きの行動をイメージしながら自らのふるまい方を考える左利きの人たちは、日常的にこのミラードローイングを行っているようなものだといえるかもしれません。

目に入るものの多くが新鮮に映る幼い時期は、より注意深く観察する必要があります。左利きの子どもは特にそうです。ペンや箸など身近な道具も、左利きの自分が手にしたらどうなるかを常に観察しています。そして、持ち方や指の角度、動かし方などを考えながら生活を送っています。自然に物事を注意深く見る習慣が身についていくのです。

ミラードローイングを行うと、脳の視覚を司る部位のほか、運動や思考などを司る部位が刺激を受けることがわかっています。鏡に映るのが自分の姿であるため、ささいなことにも違和感を覚えてしまうもの。右利きの人がミラードローイングを行うときは、その違和感を現実に落とし込むために、いつも以上に注意力を高めているはずです。左利きはそうした行為を普段から行っていて脳に刺激を与えているのです。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内