LOVE SPORTS

会議のアイデア出しで本領発揮!左利きさんは思いつきを瞬時にアウトプットできるのはなぜ?【左利きの話】

Text:八田武志

左利きと右利きが役割分担すれば、斬新なアイデアも具体化できる!

社会に出ると、学生時代とは異なるさまざまなスキルが求められるようになります。会議での発言もその1つ。話す内容も重要ですが、それをわかりやすく他人に伝える話し方も、身につけておきたい必須のスキルです。左利きはどうしても言語系に弱点を抱えやすい傾向にあるため、気にしている人は、話術に長けた人のマネをするなりして話し方のスキルに磨きをかけましょう。

自分の考えを伝えられるようになったら、左利きに大きなチャンスが到来。なぜなら、左利きにはアイデア出しの才能があるからです。左利き特有の活性化した右脳は、情報がバラバラに配置された並行思考型。したがって、時系列に沿って段階的に情報が並んだ直列思考型の左脳とは違って、情報にすかさずアクセスすることが可能なのです。

それは、思い付きを瞬時にアウトプットできるということ。これが、アイデア出しやブレスト(ブレインストーミングの略。複数名が集まってあるテーマに対してアイデアを出し合うこと)で発揮される、左利きの才能なのです。

だからといって、左利きだけが集まってブレストをしても、具体的な行動に移る段階で足踏みを余儀なくされてしまうかもしれません。発想を行動に結びつけるには、やはり人選のバランスと役割分担が大切です。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内