LOVE SPORTS

日本の中高年に左利きは少ない!?なぜ20歳代は左利きの割合が高くなっているのか【左利きの話】

Text:八田武志

年齢が若くなるほど左利きや両利きの割合は増えていく

大規模な利き手検査は、ほとんどの場合が学生を対象としていますが、まれに対象年齢を拡げた調査が行われることも。2003年に30歳代以上を対象に行われた調査では、若い人ほど非右利きの割合が増え、高齢になるほど右利きの割合が増えることがわかりました。

20歳代でも、別の調査によって非右利き率が年々高くなっていることが明らかになっています。このことからも、日本では、右利きであるべきという社会の抑圧や、精神的な拘束がしだいに減ってきていることがわかるでしょう。

高齢になるほど右利きの割合が増えていくことから、かつて現代よりも社会のシステムが右利きにできていたことの影響力の大きさがうかがえます。右利きの人でも一度は左でペンや箸を使おうとしてみた経験があるでしょう。その経験があれば想像しやすいですが、利き手の矯正は精神的にかなりきついもの。

以前は、実際に無理な矯正に苦しむ人も多くいたようで、なかにはそのストレスから不安定な心理状態になり、吃音症などになってしまう人もいたそうです。戦後、利き手矯正は決して正しい扱い方ではないという理解が進んだのはいい傾向だといえるでしょう。

「眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話」はこんな方にオススメ!

・子どもの左利きは矯正すべきなのか知りたい
・両利きの人がいるのはどうして?
・左利きは遺伝するのか?
・左利きの特徴とあるあるを知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』監/八田武志

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 左利きの話』
八田武志 監修

世の中に10人に1人の割合で存在し、すごい才能や特別な感性を備えた個性派−−−いわゆる「天才」が多いと言われる「左利き」。最新の脳科学では、右利きと明らかに違う、左利きの脳のしくみと違いが明らかになってきている。また、古今東西、スポーツをはじめ芸術や音楽、科学の分野などさまざまなジャンルで歴史に名を刻むような偉人も数多い。なぜ左利きになるのか、左利きの特徴など、「左利き」の実態と秘密に迫る!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内