LOVE SPORTS

この雲が浮かんでいたら晴れになる!天気を知らす雲とは?

Text:岩槻秀明

氷晶からなる白い糸くずのような雲

日々の天気変化に影響を与える雲のなかでは、もっとも高いところに発生します。繊維のような質感がある雲で、一般に「すじぐも」と呼ばれています。雲の色はふつう白色ですが、ときに分厚い布切れ状になって太陽の光を遮り、雲底が灰色になることもあります。

太陽や月のまわりにハロができることも

雲は氷晶でできています。そのため太陽や月の近くでは、光を屈折・反射してさまざまなハロ(P240)をつくることがあります。ただ、巻雲のハロは部分的で、雲の一部がほんのり色づいて見える程度のこと

晴れしらすに雨しらす…天気を知らす雲?

巻雲は、低気圧接近時によく現れるため、雨兆の雲として有名です。一方で天気と関係なく現れるものもあります。明治~昭和期に活躍した気象学者の藤原咲平博士は、天気に関係ない巻雲を「晴れしらす」、雨兆として現れる巻雲を「雨しらす」と呼ぶことを提唱しました。これはラテン語のcirrusと「知らす」をかけた粋な名前です。そのほか、上空の強い西風に伴って現れるジェット巻雲や、積乱雲から切り離されてできた巻雲などもあります。

出典:『雲の図鑑』著/岩槻秀明

【書誌情報】
『雲の図鑑』
岩槻秀明 著

公開日:2021.11.05