LOVE SPORTS

見つけたらスゴイ!まるで日本画の波のような雲「KH波雲」とは?

Text:岩槻秀明

すじが日本画の波のように

上下方向の風速差が大きく、上側でとくに強い風が吹いているときは、ケルビン-ヘルムホルツ波(KH波)と呼ばれる上下方向の風の波ができます。上側の波頭は、強風に流されながら次第に前のめりになり、日本画の波のようになります。

KH波そのものは、空気のふるまいなので目には見えません。たまたまそこに雲があると、雲によって空気の流れが可視化されるのです。

もっと波頭が巻くと猫の目のような姿に

KH波が発達し、波頭がかなり巻いています。さらに巻くと、「猫の目」を連想させる姿になりますが、このときは、これがピークで崩れてしまいました。

出典:『雲の図鑑』著/岩槻秀明

【書誌情報】
『雲の図鑑』
岩槻秀明 著

公開日:2021.11.09