LOVE SPORTS

いわし、うろこ、さば… 呼び名がたくさんある「巻積雲」とは?

Text:岩槻秀明

小さい粒のような雲がびっしりと集まる

粒のように細かい小雲がびっしりと現れ、全体的にツブツブして見える雲です。ときに高積雲と紛らわしいことがありますが、個々の小雲の大きさが異なります。巻積雲の小雲が視半径1度未満なのに対し、高積雲のそれは約1~5度です(視半径についてはP61を参照)。

いわし、うろこ、さば…呼び名がたくさんある雲

巻積雲は、さまざまな呼び名がある雲のひとつです。もっとも有名なのは「うろこ雲」と「いわし雲」で、この2つは俗称としても扱われています。ほかにも小雲が群れている様子から、まだら雲、あばた雲、泡雲、しわ雲などの名前があります。しま模様に並んだ波状雲(P56)は、まるで鯖の背の模様のようなので「さば雲」と呼ばれています。

太陽近くにある雲がカラフルに輝くことも

薄く広がった雲が太陽の近くに差しかかると、雲がカラフルに色づく彩雲(P258)になります。雲の粒が揃っていると、太陽の縁が虹模様で縁取られる日光環(P259)になります。ただ、巻積雲は氷晶からなる雲でありながら、巻雲や巻層雲とは異なり、ハロはほとんどできません。

出典:『雲の図鑑』著/岩槻秀明

【書誌情報】
『雲の図鑑』
岩槻秀明 著

公開日:2021.11.11