LOVE SPORTS

知っていれば回避できる?!竜巻が起こりやすい場所や危険な積乱雲とは?

Text:岩槻秀明

竜巻が起こりやすいのは雨の降っていない場所

発達した積乱雲の周辺には、さまざまな雲や現象が見られます。上図はそれをまとめたイラストです。

このなかでとくに注意が必要なのが、積乱雲の雲底で雨の降っていない領域(rainfree cloud base)です。この部分に壁雲(P179)が現れたときは、そこから竜巻が発生する恐れがあります。

また、降水域を取り囲むようにできる土手のような雲がアーチ雲(P178)です。

天気はアーチ雲を境に急変します。アーチ雲が頭上に差しかかると、ガストフロントと呼ばれる激しい突風が吹き、ほどなくして激しい風雨に見舞われます。この場所では稀にガストネードと呼ばれる弱い竜巻のようなものが発生します。

離れた位置から積乱雲を見ると、雲のてっぺんが平らになっています。この平らな部分は対流圏と成層圏の境目、対流圏界面です。そしてまるでその部分を突破するように現れる雲の出っ張りがオーバーシュート(overshooting top)です。これができている積乱雲は、とくに危険な現象を起こしやすいので要注意です。

出典:『雲の図鑑』著/岩槻秀明

【書誌情報】
『雲の図鑑』
岩槻秀明 著

公開日:2021.11.25