LOVE SPORTS

投資信託のアクティブ型はインデックス型より当たり外れが大きい理由とは!?【ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門】

コストの安いインデックス投信で分散

本書の「ほったらかし投資」では、シンプルに投資したい資産クラスを選んで、その対象に連動するインデックス投信からコストの安いものを選びます。たとえば、日本株に投資する場合、TOPIX(東証株価指数)に連動するインデックス投信を選びますが、連動するインデックスが同じなら運用成果もほぼ同じです。だったら、差し引かれるコストが安いほうが有利だからです。具体的な投資信託選びについては、5つのポイントがあります。

【Point2】インデックス型か、アクティブ型か
投資信託は大きく、アクティブ型とインデックス型とに分けられます。インデックス型は、何らかの指数(インデックス)に機械的に連動するタイプです。指数とは日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、米国のニューヨークダウやS&P500といった株式市場の動きを表す「株価指数」のほか、さまざまな国の株価をまとめて指数化した商品もあります。

インデックス型の投資信託はこうした指数と同じ値動きをするので、指数が下がれば投資信託の価格も下がりますし、指数が上がれば投資信託の価格も上がります。インデックス投信を使った投資は、市場と同じ運用成果をねらうわけです。

一方、アクティブ型の投資信託は、運用チームが独自の企業研究で株価が上昇しそうな商品・銘柄などを選び、インデックスを上回る投資成果をめざして運用されます。運用がうまくいけば、インデックスを上回る利益を出すことができます。

市場が下落しているとき逆に利益を出したり、金融市場の暴落でインデックス投信が大きな損失を出しているときでも小さな損失で済む、といったことも期待できます。投資信託では、信託報酬という運用にかかるコストを支払う必要がありますが、運用に人の手がかかるアクティブ型は、機械的に指数に連動するインデックス型よりもコストが高くなります。

それでも、アクティブ型の運用成果は必ずインデックス型を上回るとは限らず、下回ることもあります。アクティブ型はインデックス型と比べると、アタリハズレが大きいわけです。

【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊

監修者プロフィール
明治大学在学中より、雑誌の編集に携わり、卒業後にフリーランスの雑誌記者として独立。1988 年より女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。1999年にファイナンシャルプランナー資格取得。2010年にファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行なう。2012 年よりフォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)の活動に参加、消費者教育を担当。近著に『年収200 万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SB クリエイティブ)、『まだ間に合う! 50 歳からのお金の基本』(エムディエヌコーポレーション)、『節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本』(朝日新聞出版)などがある。

書籍情報:『ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ)

もうお金で困らない、お金の不安を一掃! 知識ゼロ、貯金ゼロでもOK! ムリなく確実に、ほったらかしでドンドン貯まる「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」のしくみと始め方をトコトンやさしく解説しました。いま、話題の「iDeCo」「つみたてNISA」は積み立て投資の最強ツールです。月3万円の積み立てでも、35年後には2700万円に!(年利4%で運用)。ほったらかしで3000万円を貯めるノウハウを存分に教えます。さまざまなシミュレーションのほか、成功例や失敗例、うまくいく「iDeCo」と「つみたてNISA」の始め方、失敗しない商品の選び方、選ぶべき厳選10本など、成功するために知っておきたい知識とテクニックが満載です。キーワードは、長期、分散、積み立て投資。投資に手間や時間をかけない、あてにいかない、予想をしない、なるべく早く初めて、長く続けること。ズバリわかる! ラクして大きく増やす、ズボラさん向けの投資術です。これからお金を増やしたい人、貯めたい人、必読です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事