LOVE SPORTS

分配金型の投資信託は長期で資産を増やそうとする人が選ぶべきではない理由とは!?【ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門】

コストの安いインデックス投信で分散

本書の「ほったらかし投資」では、シンプルに投資したい資産クラスを選んで、その対象に連動するインデックス投信からコストの安いものを選びます。たとえば、日本株に投資する場合、TOPIX(東証株価指数)に連動するインデックス投信を選びますが、連動するインデックスが同じなら運用成果もほぼ同じです。だったら、差し引かれるコストが安いほうが有利だからです。具体的な投資信託選びについては、5つのポイントがあります。

【Point5】分配金の有無で見比べる
投資信託には、定期的に分配金を払い出すものがあります。分配金の原資は投資している対象の値上がり益や配当、分配金、利子などです。なかには毎月分配金を出す投資信託もあり、おこづかいをもらえるような感覚がウケて根強い人気があります。

ただし、本書で紹介している投資には、分配金を受け取る商品は向きません。分配金は定期的に投資家に払い出さなければならないので、出さない商品に比べると手間とコストがかかります。当然この手間は、信託報酬に上乗せされてしまうからです。

また、分配をしない投資信託は配当や利子をそのまま投資信託のなかで再投資します。そうすれば、そのぶん投資信託の資産が増えるので、長い目でみれば複利効果が大きくなります。しかも、特定口座などの課税口座では、分配金を受け取るたびに税金をとられてしまいます。

再投資なら課税されずに資産が増えるのに、分配というかたちをとるだけで、分配金の約2割の税金が引かれることになります。老後の生活費として定期的に分配金を受け取りたいなら便利ですが、コストが高く複利効果が得にくい分配金型の投資信託は、長期で資産を増やしていこうとする人は選ぶべきではありません。

【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊

監修者プロフィール
明治大学在学中より、雑誌の編集に携わり、卒業後にフリーランスの雑誌記者として独立。1988 年より女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。1999年にファイナンシャルプランナー資格取得。2010年にファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行なう。2012 年よりフォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)の活動に参加、消費者教育を担当。近著に『年収200 万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SB クリエイティブ)、『まだ間に合う! 50 歳からのお金の基本』(エムディエヌコーポレーション)、『節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本』(朝日新聞出版)などがある。

書籍情報:『ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ)

もうお金で困らない、お金の不安を一掃! 知識ゼロ、貯金ゼロでもOK! ムリなく確実に、ほったらかしでドンドン貯まる「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」のしくみと始め方をトコトンやさしく解説しました。いま、話題の「iDeCo」「つみたてNISA」は積み立て投資の最強ツールです。月3万円の積み立てでも、35年後には2700万円に!(年利4%で運用)。ほったらかしで3000万円を貯めるノウハウを存分に教えます。さまざまなシミュレーションのほか、成功例や失敗例、うまくいく「iDeCo」と「つみたてNISA」の始め方、失敗しない商品の選び方、選ぶべき厳選10本など、成功するために知っておきたい知識とテクニックが満載です。キーワードは、長期、分散、積み立て投資。投資に手間や時間をかけない、あてにいかない、予想をしない、なるべく早く初めて、長く続けること。ズバリわかる! ラクして大きく増やす、ズボラさん向けの投資術です。これからお金を増やしたい人、貯めたい人、必読です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事