LOVE SPORTS

ライバルや競争相手がいると伸びる人が持つ『ライバル線』とは!?【手相の教科書】

ライバル線

小指側の側面のちょうど知能線と感情線の間に横に伸びる線を「ライバル線」と言います。この線を持つ人は、名称通りライバルや競争相手がいると伸びるタイプです。ライバルと言っても、それは人だけに限らず、資格や自分で設定した目標 なども含まれ、そのライバルがいることで、とてもエネルギッシュに頑張り成長していく人です。また、とても正義感が強く曲がったことが嫌いなタイプの人にも現れます。この線は「職業線」とも呼ばれ、とても精力的に仕事をする仕事人間タイプで、女性でこの相を持つ人は、家庭よりも仕事という傾向があります。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。