SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

高校通算1発ながら飛距離130mを誇る村上慶太擁する九州学院に注目!熊本地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2021】

Text:安東渉

全国49地区 夏の大会データベース
【熊本】

春季大会優勝の東海大星翔を筆頭に、古豪の熊本工や、タレント豊富な城北、九州学院と優勝を狙える強豪校が揃う熊本。久々の全国へ、その切符を掴むのは簡単ではない!

《2021年 センバツ結果》出場なし

●甲子園での戦い&夏の展望
強豪校に超高校級の有望選手が揃うも全国での活躍は未知数

毎年強豪校同士の激しい戦いが繰り広げられる熊本だが、昨夏の代替大会は地区ごとの大会となったため、優勝校とされたのは文徳、有明、秀岳館の3校。その後の秋季大会で優勝したのは東海大星翔で、準優勝の開新とともに九州大会に乗り込むも、ともに回戦敗退となりセンバツの切符を逃した。

センバツに出場できなかったことで、どの高校も全国のレベルを体感できておらず、その実力は未知数といったところ。しかし、春秋で熊本大会を連覇した東海大星翔は大本命。そして熊本を代表する古豪・熊本工も春季大会で準優勝するなど、夏の甲子園に向けて順調に力をつけている。

そのほかの注目と言えば、プロ注目のエース・永谷魁人をはじめ、戦力充実の城北。さらに、九州学院も長身のエース・山田俊介ほか、ヤクルトの4番・村上宗隆の弟でもある2年生の村上慶太など、有望選手を擁して甲子園出場を目指している。  

こう見ると、やはり強豪校を中心に激しい大会となりそうだが、熊本はここ数年で県内の勢力図が大きく変化しているため、今夏の大会を経て全国に名を轟かす新たな高校が出てくる可能性は大いにあると言えるだろう。

過去10年熊本 夏の甲子園/地方大会決勝戦績

全国49地区夏の甲子園DATABASE【九州編】

センバツでは、大分の明豊が全国制覇にあと一歩と迫る準優勝。そして、福岡の福岡大大濠がベスト8と大健闘を見せた九州地区。2年ぶりとなる夏の甲子園では、南日本勢の力をさらに見せつけたい!

実力校が揃う九州地区今年こそ全国制覇を狙う

例年と比べても、絶対的な実力を維持する常連校と新興勢力ともいえる新たな強豪校が、どの県でも入り乱れている印象の九州地区。

その中でも、今年のセンバツ大会決勝で東海大相模を最後まで苦しめた、大分の明豊をはじめ、同じくセンバツベスト8の福岡・福岡大大濠、沖縄の興南など、往年の甲子園ファンにはおなじみとなっている常連の名前が目立ち、全国でも十分に通用するチームを作り上げてきている。

しかし、今夏の最注目は春のセンバツに21世紀枠として甲子園初出場・初勝利を挙げた沖縄の具志川商だ。センバツでは同じ九州勢の福岡大大濠に及ばず2回戦敗退となったが、その勢いは止まらず、春季九州大会ではセンバツで破れた福岡大大濠に準決勝で完勝するなど、並み居る強豪校を撃破して初優勝を果たしている。

その他にも、多くのプロ注目選手が揃う九州国際大付など、今夏の九州地区には実力のある高校が揃う。

2010年の沖縄・興南以来、11年ぶりに深紅の優勝旗を掴み取る高校が現れるかもしれない。

過去5年 九州 地方大会結果

『がっつり!甲子園2021』7月5日発売!

2年ぶりの夏が戻って来た!自粛ムードにつつまれた日本列島に清々しい活気の旋風を巻き起こす球児たち!この夏の主役候補たちに大接近!春夏連覇を目指す東海大相模の門馬監督と石田隼都投手!ドラ1候補、大注目の小園健太投手(市立和歌山)、達孝太投手(天理)の直前の意気込み!甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !