SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】村田修一/テレビ中継では流れなかった「オールスター試合前に球場が拍手に包まれた瞬間」とは!?

さすがのバットコントロールは、目の肥えたファンも喜ばせた!

村田修一

この名前を聞いて巨人ファンは何を思い出すだろうか?

2017年、118試合に出場し100安打14本塁打という成績だったにもかかわらず36歳で突然の戦力外通告。

翌年は独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブスでプレイ。

その華やかな経歴とは裏腹の晩年を苦しんだスラッガーだった。


そんな村田修一が7/16に行われたオールスター試合前にセ・リーグのノッカーを務めていた。

いわばセ・リーグの全コーチ代表と言っても過言ではないこのノックをする立場。

この模様はホームラン競争の前だったのでテレビ中継で流れることはなかったが、球場にいた巨人ファンの胸を熱くした光景だったのは間違いない。


内外野へのノックが終わり、最後にキャッチャーフライを高くキレイに打ち上げた村田修一。

真っ逆さまに落ちてきたボールを阪神・梅野隆太郎がキャッチした直後には、メットライフドーム内に拍手が鳴り響いていた。