SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

高校、社会人でドラフトにかからなかった高木勇人が思ったこととは!?

高校時代から、プロからの調査書が、4球団来るなど、すでにプロの目に留まっていた高木勇人。

ドラフト当日には、メディアが高校にも来ていたに関わらず、指名されなかった。

しかし、当時のことは特に憶えていないと話す。

その後は、社会人に進み、毎年ドラフト候補のため、社長などとメディアの前で、吉報を待つも指名されなかった。

そんな重い空気のなか、高木勇人が思ったこととは!?