SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

打点王を獲得した畠山和洋のバッティング理論とは!?

独特の低い構えには、理由があると語る畠山和洋。

それは、バットを振ると、右膝が折れてしまう欠点があった。

右膝が折れてしまうと、何が起こるかと言うと。

バットのヘッドが寝てしまう。それによって、ヘッドが遠回りする。

そうすると、ボールにバットがしっかり当たらないため、そのため打てない。

それを防ぐために、低く構えることによって、それ以上右膝が、折れなくなるようにしただけと語る。

そこに、フライボール革命と言われてる昨今では、珍しいバットの軌道を披露する畠山和洋。

畠山和洋が現役時代、考えていたバッティング理論とは!?