SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

秋のGⅠ開幕戦「スプリンターズステークスGⅠ」で死の馬番に入ってしまった馬とは!?

Text:あもあもだいち

白毛一族・メイケイエールは秋の短距離王者に輝けるのか!? 過去10年データから炙り出す!!

10月に入り秋を感じることが多くなって来たが、競馬界ではここから熱き戦い「秋のGⅠ戦線」が始まる。

まず、最初に開催されるのが「スプリンターズステークスGⅠ」電撃の短距離戦だ!!

春の高松宮記念ではナランフレグが勝利したが、このスプリンターズSまでにライバル達も力を付けており、春秋連覇を達成出来るかは全く分からなくなってしまった。

そこで、過去10年のデータから秋のスプリント王者を炙り出していく!!

 

1,馬齢

3歳馬から6歳馬まで勝ち馬が出ている。

特に4歳馬4勝、5歳馬3勝と、この二つの年齢が抜けている。

その逆で、7歳馬以上の勝ちはなくベテラン馬にとっては厳しいデータである。

 

2,前走クラス

前走で重賞以上を走って来ていない馬の勝ちはない。

では、多くの勝ち馬を輩出しているのはというとGⅡクラスの6勝と勝ち星だけを見ると圧倒しているかにみえる。

しかし、勝率で見るとGⅠクラス2勝、16.7%に対してGⅡクラスは6勝、9.8%と低いため狙うならGⅠクラスを走って来た馬の方が良いだろう。

 

3,距離別

距離別では同距離の1200組8勝、短縮組では1600組が2勝となっている。

数字上では同距離組だが、ここでも勝率では1600組が16.7%に対して1200m組は6%と、1600m組の数字が良い。

 

4,前走着順

前走勝利している馬が5勝と半数を占めている。

その後は2着が3勝、3着1勝、4着1勝となっている。

5着以下だった馬の巻き返しは無い。1着or2着の馬を狙う方がいいだろう。

 

5、枠番・馬番

枠番では4枠と5枠が3勝をともに挙げてトップの成績である。

その逆で3枠と6枠からは勝ち馬が現れていない。

これを細かく馬番で見てみると⑧と⑩がともに3勝とトップの数字を叩き出している。

そして残念ながら3着内すら無い「死の馬番」の存在が明らかになった。

その馬番とは⑪、今年はトゥラヴェスーラが入ってしまった!! これはかなりの暗雲が立ち込めることに。

 

以上から、狙いは4歳or5歳で、前走で1600mのGⅠを走り、1着or2着だった3枠と6枠以外の馬。

ズバリ、炙り出される勝ち馬候補は⑮シュネルマイスター!! 次点で⑬メイケイエールと弾きだされた!!

 

春のスプリント王者⑥ナランフレグにとって厳しいデータが並んだが、この逆境を弾き返して王者になれるのか!? それともデータが示す⑮シュネルマイスターが勝つのか!?

発走は10月2日の中山競馬場11R、15時40分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内