SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

三觜喜一が教える正しいスイングが自然と身に付く効果抜群の〝連続素振り〟とは!?

毎回、芯で打てるようになる
三觜喜一スウィングの“当たり前”
教えます!

たっぷり練習をしているのに、スコアが縮まらない。「いったい何が悪いのか?」。そんな人は、もう一度スウィングというものを見つめ直してみませんか。“ 悩めるゴルファー”のために立ち上がったのは、レッスン界のカリスマ・三觜喜一。数多くのゴルファーから信頼を得ている三觜プロがゴルフの“ 基本のキ”を教えます!

正しいスウィングが自然と身に付く
効果抜群の〝連続素振り〟

●連続素振りをやれば床反力も使えるようになる

<三觜> スウィングのメカニズムがある程度理解できたと思うので、そろそろ実践に入りますか。

<幡野> いよいよボールを打たせてもらえるんですね。

<三觜> 残念ながらそれはもう少し先。まずは素振りから始めましょう。

<幡野> 今さら素振りですか?

<三觜> 素振りをバカにしてはいけません。スウィングに関して言えば、素振りさえしていればほかの練習はしなくてもいいくらい。皆さんにぜひやってほしいのは連続素振り。細かいことは一切考えず、クラブの重さを感じながら、クラブの動きたいところに動かしてあげてください。

<幡野> 自由に振ればいいんですね。

<三觜> ひとつだけ意識してほしいのは、スウィング中、目線は右足のほうに置いておくこと。ときどき飛球線方向を見る人がいますからね。もっとも、右下を見続けないと、連続して素振りはできないけど。

<幡野> で、これにはどんな効果が?

<三觜> 目の前にボールがないから理想的なスウィングになりやすい。現に、「身体が開く」、「突っ込む」などの問題はすべて連続素振りで解決します。また、スピードを上げると自然と足が動くようになり、フットワークの使い方を覚えるし、最近話題になっている〝床反力〞も使えるようになる。さらに付け加えれば、連続素振りをやるとお腹の力(腹筋)を使うようになる。だから、知らず知らずのうちに体幹が強くなります。

<幡野> 連続素振り、毎日やります!

三觜喜一が教えるポイント
【NG】行動

ゴルファーの中には、インパクトからフォロースルーでターゲット方向を見てしまう人がいるが、これでは連続素振りができなくなる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。