SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

頭の位置はつねにボールの右にある【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

ボールのポジションをチェック

ボールの位置に関する考え方は数多くあって、その中にはつねに同じ場所に置くという考えもありますが、私は傾斜地や打ちたい球筋によって、位置はすべて変えるべきだと考えています。ですので「ここに置く」という固定観念をなくしたほうがうまくいくと思います。ただし最低限のルールがあり、それは「ボールの延長線に対して頭は右にある」というものです。ボールを右足の前に置いていても、頭はそのボールよりも右になければなりません。頭がボールよりも左にある「右足の前」というセッティングはあり得ない、ということです。そのように構えた瞬間に、体は開いているのでトップしやすくなります。たとえば林から低い球で、枝の下を抜いて脱出しようというような状況では、ボールを右に置いたまではいいのですが、頭が左にあるとトップやチョロになってしまうわけです。このような場合は頭をボールの右に置けば、しっかりと芯に当たった低い球を打つことがで きます。頭がボールの右にあるのは、ハンドファーストインパクトを作る大前提であり、バンカーショットなど特殊な場合を除き、つねにこのルールが適用されることを知りましょう。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。