SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

春のクラシックを占う京成杯で【死の枠】【死の馬番】に入ってしまった馬とは!?

Text:あもあもだいち

未来のクラシック候補に名乗りを上げる馬とは!? 過去10年のデータから炙り出す!!

先週は武豊が重賞350勝を達成するとともに、ディープインパクトのラストクロップ・ライトクオンタムがシンザン記念を勝ち、春のクラシック候補に躍り出て来た。

今週も中山競馬場で春のクラシックを睨んだ戦い「京成杯GⅢ」が開催される。

そこで、今週も過去10年のデータから勝ち馬を炙り出していく!!

 

1,キャリア

キャリア3戦を消化した馬が5勝でトップの成績を残している。

続いて1戦組が3勝となっている。

5戦以上消化した馬の勝ちはなく、4戦組も1勝と勝ちが少ない。

3戦が境となるラインと考えてよいだろう。

 

2,前走クラス

前走が新馬戦だった馬と1勝クラスを走った馬がともに3勝を挙げてトップの成績を残している。

次に続くのはGⅠ組の2勝で、残りは未勝利組とOPクラス組がともに1勝を挙げている。その中で勝率が格段に高いのがGⅠ組の22.2%と唯一20%台に乗せている。

そのため前走でGⅠを走った馬には注意しておいた方がいいだろう。

 

3,前走距離別

前走2000mと今回と同じ距離を走った馬が6勝とトップの成績を残している。

続いて1800m組で3勝、残りは1600m組の1勝となっている。

やはり同距離を走って来た馬が有利なことが分かるデータとなった。

 

4、枠番・馬番

枠での最多勝は5枠の3勝で、続いて3枠、6枠、8枠がともに2勝を挙げている。

残りは1枠で、勝っていない枠が2枠、4枠、7枠でとくに7枠は3着内すらない「死の枠」となっている。

これをさらに細かく馬番で見てみると、3着内すらない「死の馬番」も浮上してきた!

その馬番とは9番、つまり今年は⑨シャンパンカラーである。

現在2連勝中で戸崎圭太騎手ということで人気の一角を占める1頭である。

⑨シャンパンカラーと戸崎圭太騎手にとっては厳しいデータを突き付けられる格好となった。

 

以上のデータから、キャリア3戦以内で、前走で新馬戦or未勝利戦orGⅠを走り、前走距離2000mを走って来て、死の枠と死の馬番に入らなかった①サヴォーナのみが全ての条件を満たした馬として残った!!

 

果たして①サヴォーナがここを勝ってクラシック候補に名乗りを上げるのか!?

発走は1月15日の中山競馬場11レース、15時45分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内