SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【クイーンカップ】毎年、毎年、勝ち馬の種牡馬が変わるレース、過去10年で唯一2勝している種牡馬とは!?

Text:あもあもだいち

2月13日に東京競馬場で行われる「デイリー杯クイーンカップ」。

ディープインパクト産駒が得意とするレースである。

まずはディープインパクト産駒の距離別勝率を見てみることにしよう。

ディープインパクト産駒が得意としている距離が1600m~2000mと2400m。この距離では勝率が13%を超えている。

そもそもディープインパクト産駒は1200m~2400mであれば10%を超える勝率を残していて、2500m以上の長距離だけが10%を下回る勝率となっている。

そのため連対率で見ると、上記と同じように1600m~2000mと2400mでは25%を超える。

複勝率でも同じことが言えて、1600m~2000mと2400mだけが35%を超える数字を残している。


クイーンカップでの、ディープインパクト産駒の過去10年を見てみる。

1着2回-2着3回-3着2回-着外15回

となり、勝率に関しては出走22頭中2頭しか勝っていないので9%と少し低いが、連対率は5頭が連対し23%、複勝率も7頭入り32%とディープインパクト産駒のデータ通りの数字を示している。

勝率が全体的なデータよりも低いが悲観することはない。

それは、過去10年で2勝以上している種牡馬はディープインパクト産駒しかなく、それ以外での種牡馬は1勝のみなのだからである。

以上のデータから、基本はディープ産駒を狙っていきたいが、1着には過去10年で来ていない種牡馬から入るのも面白いかと思われる。

今回で言えば、アメリカンファラオ産駒の④リフレイム、キズナ産駒の⑦ステラリア、カレンブラックヒル産駒の⑧カイトゲニー、モーリス産駒の⑭インフィナイトなど、他にもキングカメハメハ産駒などを1着固定にして、2着、3着はディープインパクト産駒から選んでみてはどうでしょうか⁉


果たしてこのクイーンカップで、ディープインパクト産駒がまた勝つのか? それとも新しい種牡馬の勝利となるのか?

発走は、2月13日 東京競馬場 15時45分予定。