SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

三觜喜一メソッド:安定かつ力強いスウィングをするゴルファーは肩が正しいポジションにある!

毎回、芯で打てるようになる
三觜喜一スウィングの“当たり前”
教えます!

たっぷり練習をしているのに、スコアが縮まらない。「いったい何が悪いのか?」。そんな人は、もう一度スウィングというものを見つめ直してみませんか。“ 悩めるゴルファー”のために立ち上がったのは、レッスン界のカリスマ・三觜喜一。数多くのゴルファーから信頼を得ている三觜プロがゴルフの“ 基本のキ”を教えます!

肩甲骨が正しいポジションにあれば
身体がスムーズに動くし、力も出る!

●肩の力が入るポジションを自分で見つける

<幡野> 円運動をするために、構えやグリップで注意しなければいけないことはないんですか?

<三觜> 「グリップはストロングに握りすぎると安定した円軌道をつくるのが難しくなる」など細かいことを言えばキリがありません。しかし、最初の段階では自分の回しやすい握り方で円を描くことに集中してください。ただ、ひとつだけ気を付けてほしいのは、肩甲骨はしっかり体幹に入れることです。

<幡野> 肩甲骨を体幹に入れる?

<三觜> 具体的には、肩甲骨を力の出るポジションに下げること。モノを押したときに力が入るところに肩を置くことです。そうすることによってヒジからの上の上腕が安定して力強いスウィングが実現するし、ヒジから先の自由度も広がる。

<幡野> その結果、クラブも強く引くことができるし、フェースもきれいに返るということですね。

<三觜> それだけ理解度が深ければ大丈夫。あとは練習あるのみ。常にナイスショットが打てるように、連続素振りと左手片手打ちで正しい円運動をマスターしてください。

三觜喜一が教えるポイント
肩が正しいポジションにあるゴルファーは、
安定、かつ力強いスウィングをしている!

安定、かつ力強いスウィングをしているゴルファーは、みな肩が正しいポジションにある。力はあるけど球が飛ばないという人は肩甲骨の位置をチェック!

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。