SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

畠山和洋が感じたレギュラーと代打の感覚の違いとは!?

4打席と1打席では、代打の1打席が難しかったと語る畠山和洋。

ずっとベンチで見ていて、いざ打席に入ると、ピントが全然合わず、苦労した。

だからこそ、パッと出て、打てるのはなかなかいない。

それは、転職するようなものだと話す。

そんな畠山和洋が感じた、レギュラーと代打の感覚の違いとは!?