SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「日本を代表するエースに」奥川恭伸が叶えた4つの目標とは?

Text:大利実

中学で全国優勝、甲子園で快投披露、そして3球団が競合したドラフト1位、と聞く とエリート街道を突き進んできたように思えるだろう。
しかし、小学生時代からの盟友 捕手・山瀬慎之助(星稜高→巨人5位)をはじめ、その時々の関係者の証言を聞くと、 さまざまな壁を乗り越えてきたことがわかる。
奥川恭伸のドラフト1位までの道のりをあ らためて辿ると、本人が描くプロ入り後の青写真にも期待せずにはいられない──

ドラフトドキュメント①奥川恭伸(別タブで開きます)

■奥川恭伸「セ界から世界へ」①奥川が叶えた4つの目標 

 星稜高校の公式ホームページには、「奥川くんに聞く50のこと」と題したQ&Aが掲載 されている。
これを最初に読んだとき、「奥川、すげぇな!」と心の中で叫びそうになった。 目標達成力の高さに、驚かされたからだ。

Q.中学生の頃に思い描いていた高校生の自分になれている?
「あの頃に描いていた自分の姿より、結構順調に来ているかな、と思っています。中学生の頃、高校生になって達成したかったことが4つあって、それがひとつひとつ達成できているので、あの頃には想像できなかった高校生活を今、順調に送っていると思います」

Q.高校生になって達成したかった4つの目標とは?
「1つ目は甲子園に出たい。2つ目は高校生のうちに150キロを投げたい。3つ目はU18に選ばれたい。4つ目はプロ野球選手になりたい、です。最後のひとつは、今年(19年)の秋に達成できるように、今頑張っています」


奥川恭伸。184センチ82キロ、右投右打。2001(平成13)年4月16日、石川県生まれ。
7歳上の兄がいたことから幼少より野球に親しむ。宇ノ気小3年で「宇ノ気ブルーサンダー」に入団し、本格的に野球を始める。この頃より現在もバッテリーを組む山瀬慎之介捕手とのコンビにより県内で名を馳せた。
宇ノ気中では3年夏の第38回全国中学校軟式野球大会(全中)で優勝。星稜高では1年からベンチ入りし、春夏4度甲子園出場。今夏は甲子園準優勝し、2年連続侍ジャパンU-18代表入り果たした。最速154キロのストレートだけでなく、スライダー、カーブ、フォークの変化球も精度、キレを備えた世代トップを走る右腕。
19年のドラフト会議で3球団競合の末、ヤクルトが交渉権を獲得。

高津監督は「日本代表するエースに」と期待

19年10月17日に行われたドラフト会議で、奥川恭伸は3球団から1位指名を受け、抽選の結果、ヤクルトが交渉権を獲得した。
交渉権確定のクジを引き当てた高津臣吾新監督は「ヤクルトのエースはもちろん、日本を代表するエースになってほしい」「即戦力として、今年のピッチャーでは一番」と高い賛辞を贈った。

小学2年生の冬に宇ノ気ブルーサンダーで野球をはじめ、かほく市立宇ノ気中では山瀬慎之助(星稜高→巨人5位)とのバッテリーで、全国中学校軟式野球大会(以降、全中)優勝。
星稜高に進んでからは春夏甲子園に4度出場し、3年夏には準優勝を果たした。マウンド上で見せる笑顔と、時折見せる涙に、心をわしづかみにされた人も多いのではないか。
ストレート、スライダー、カーブ、フォークといずれの球種も質が高く、ピッチングの攻め幅が広い。ストレートは平均で140キロ台中盤をマークし、最速は154キロを記録する。3年春夏の甲子園では計59回1/3を投げて、奪三振78、与四死球19、自責7(防御率1.06)と抜群の安定感を見せた。
夏の智辯和歌山高戦では、延長14回をひとりで投げ抜き、被安打3、奪三振23、自責0と、甲子園史に残る快投を披露した。
なぜ、これほどまでのピッチングができるのか。小学3年からボールを受け続けている山瀬が、キャッチャーならではの視点で表現してくれた。
「バッターと勝負ができるのが、奥川のいいところ。自分の力を最大限に出すこともあれば、最小限の力で抑えることもある。」
「『このバッターなら、このぐらいの力でいい』というのがわかっています。同じスライダーのサインでも、バッターを見て、球速を変えることができます」
力の入れどころをよくわかっているピッチャーである。

ドラフト1位の評価を得るまでに、どのような野球人生を送ってきたのか。19年9月に聞いた奥川へのインタビューと、奥川の成長に関わった人たちの言葉を交えながら、その歩みを追ってみたい。

次回、奥川恭伸②「ピッチャー・奥川誕生」へ続く
(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

執筆:大利実
大利実(おおとし・みのる)1977年生まれ、神奈川県出身。中学野球ライターの草分け的存在。『メルマガでしか読めない中学野球』を月3回配信している。出身地・神奈川の高校野球もライフワーク。『高校野球継投論』(竹書房)が好評発売中。

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。