SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

プロ3年目の高木勇人に起こった不運とは!?

プロ3年目の高木勇人に、次々と不運が襲う。

それは、開幕後の4月に、送りバントを試みた際に、ヤクルトはブキャナンの150kmのカットボールが、人差し指に当たり、折れてしまう。

その怪我は、全治までシーズン中の復帰は、出来ないと診断されるほどだった。

しかし、驚異的な回復を見せ、2週間で治り。

怪我から1か月後には復帰を果たすも、また、高木勇人に不運が…

3年目の高木勇人に起こった不運とは!?