SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

守備も走塁も魅力的。鈴木尚広期待の巨人が理想とする1番セカンド、吉川尚輝!

巨人の2016年ドラフト1位、吉川尚輝。不動のリードオフマンとしての期待がかかる入団4年目の25歳だ。

昨季は開幕から1番で出場しセカンドで活躍したが、けがのため11試合の出場にとどまった。

才能は誰しも認めるところであり、あとはケガに影響されず先発出場を続けられるかどうか。

身体能力も高く守備力は高い。足が魅力で出塁できれば相手には大きな脅威だ。

こんな魅力的な1番セカンドはなかなかいない。

セ・リーグ2連覇と日本一を目指す巨人が待ち望む理想的な1番セカンド。

2020年シーズンは開幕当初は1番を務めるも、その後は下位打線での出場も多い。だが本来はトップバッターを務めるべき選手だろう。

吉川尚輝にはライバルとの競争に勝ち、1番セカンドのレギュラーとしてシーズンを通した活躍をしてほしい。