SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

怪我を乗り越え再び先発の一角へ。5年連続2桁勝利の経験持つベテラン、吉見一起!

中日ドラゴンズの吉見一起投手。今季で15年目を迎えるベテランだ。

2008年から2012年まで5年連続二けた勝利を挙げ、最多勝を2回、最優秀防御率も1回獲得した、ドラゴンズでは現役NO1といっていい経験を持つ。

2013年に手術をすると、以降は2016年と2018年に100イニング以上を投げるなど、復活の兆しはあるものの、全盛期の活躍には至っていない。昨季も開幕ローテーション入りは果たしたが、5試合19回2/3の登板にとどまった。

そんな吉見一起への期待をかつての同僚、高橋聡文が語る。