SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

松坂大輔のスライダーが井端弘和の野球人生を変えた!?

2019年4月22日開催 元中日ドラゴンズ/読売ジャイアンツ 井端弘和さんトークショー

プロ2年目は1軍出場がなかった井端弘和であったが、2000年のプロ3年目の春のキャンプでは3月に入ってもまだ1軍メンバーの中に井端弘和は残っていた。当時3月以降の1軍メンバーはシーズンを見据えて本格的なチーム編成を組み、メンバー構成を行っていた。そのメンバーを編成する前の最後の試合が浜松で行われた西武ライオンズとの試合だった。

その時の先発投手が『平成の怪物』こと現中日ドラゴンズの松坂大輔だった。井端弘和は先発出場していなかったが4回に4番山﨑武司に代わり代打での出場を命じられた。そこで星野仙一監督から言われた指示は「送りバント」だ。そのあと一言「失敗したらわかっているな。」と言われ、井端弘和は失敗したら一軍メンバーに残れないことを確信したという。

そんな緊張感の中、井端弘和が対峙した現中日ドラゴンズの松坂大輔との打席の結果とは!?