SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

開幕1軍生き残りへ限られたチャンスの拡大狙う!井上広大

井上広大の1軍4番デビューは次回に持ち越し

2月14日の広島戦で昨シーズン2軍で全試合4番に座った井上広大が1軍では初の大役となる4番でスタメン出場する予定だったが、雨のため中止となり、1軍4番デビューは次回に持ち越された。

4番でスタメン出場する予定だった井上広大は、「(4番で)使っていただくからには、結果というものも大事だと思いますけど、チームの顔ということもあるので。自分が引っ張っていく気持ちになって、やっていけたらなと思います」。と準備と覚悟ができていただけに残念だ。

注目が集まるドラフト1位ルーキーの佐藤輝明よりも井上ヘッドコーチが明かしたように、「4番を誰にすんねんという話になった時、近々の4番ではないけど将来の4番ということで広大を入れた」と首脳陣の期待値は非常に高い。

どうしても佐藤輝明と比較されてしまうが、結果よりも、自らが成長するために目の前のことを一つ一つクリアしていくことを井上コーチからも強く進言されている。

出場機会を増やす為の取り組み

キャンプ終盤にかけて、糸井嘉男やマルテ、サンズらが試合に出場する機会が増加してくる為、井上広大に与えられるチャンスが自ずと減ってくる。

その中でもアピールを続け、開幕1軍生き残りを目指さなければならない。

アピールできるチャンスを少しでも増やす為、井上広大は打撃だけでなく、守備力にも磨きをかけている。

14日のシートノックではセンターに就くなど、本職のライトだけでなく、外野全てのポジションを経験し、どこでも守れることをアピールした。

開幕1軍生き残りへ井上広大は、出場機会を得るための引き出しを増やし、限られたチャンスの拡大も狙う。