SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

佐藤輝明以上に矢野監督が期待する新打撃フォームで打撃好調の高山俊!

打撃好調の高山俊

高山俊は、2月10日に行われた日本ハムファイターズとの練習試合に矢野監督から「俊が絶好調だから」という理由で佐藤輝明を2番に追いやり、トップバッターを任され、「1番・ライト」で出場した。

5回には井上広大が日本ハム3番手の鈴木健矢のスライダーをとらえ、左中間二塁打を放ち、チャンスを作ると、続く高山俊が3-1からのヒッティングカウントでライト前にライナー性の打球を運び、タイムリーヒットを放った。

これで、紅白戦を含めて実戦で3試合連続安打に、矢野監督も「迷いがない。心技体すべてで充実している」と絶賛した。

同じ左打ちの外野手として、キャンプ開始当初から佐藤輝明と高山俊を1番起用で競わせてきた矢野監督は「佐藤と俊(高山)がお互いライバルとして『よーし負けへんぞ』って。テル(佐藤)の方はないかもしれないけど、俊は絶対あるよ。他の打順で並べるより、その方が(気持ちが)入るじゃん」と説明していた通り、相乗効果で共に結果を残している。

変化した打撃フォーム

高山俊の打撃好調の要因としては、以前の構えから、さらに右足を開いたオープンスタンスに変貌したことが挙げられる。

矢野監督も「(構えが)だいぶ変わったけど、本人が迷いなくやれているのが大きい。練習を見ても打ち損じが少なくなっているし、これでいいんだっていうのがはっきりしている」。と顔を投手に向けて真っ正面に向ける鳥谷敬を思わせる打撃フォームを絶賛した。

今シーズン絶対にやり返してやると意気込む高山俊の姿勢に対し、矢野監督は「意気込みや、ここに懸けている思いはすごく伝わってくる。心技体すべてにおいてすごく充実したキャンプを送れている」と評価しており、佐藤輝明以上に期待を持っている。

阪神ファンに毎年のように高山俊のルーキーイヤーのような活躍を期待されながら、期待に応えき入れていなかった高山俊が今年こそ、その期待に応える準備が整いつつあるようだ。