SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブの右回りが身に付く「右腕旋回ドリル」とは!?【キープレフト理論 実戦強化編/和田泰朗】

Text:和田泰朗

前腕、上腕、肩甲骨、鎖骨のユニットでクラブを右回りさせる動きをマスター

ボールがあれば当てに行きたいと思います。この練習はそんな動きを抑えつつ、ラウンドや練習前のウォームアップとしても活用できます。使用クラブは重さのあるウエッジがベストです。

右手でグリップの真ん中あたりを持ち、クラブをキープレフトのポジションにセットします。そこからクラブを背面に動かす感じで右ヒジを後方右斜め上に引きつつ、右肩甲骨を上げます。上がりきったらクラブを反転させ、右手のひらを上に向けながらクラブを下ろします。

右手がこう動くとクラブがインサイドから下り、斜めの棒が斜めにボールの位置に移動します。一連の動きをトータルで見るとクラブは自分から見て右回りをしています。

スイングでは、前腕、上腕、肩甲骨および鎖骨をユニットで使います。前腕だけをクルクル回してボールをつかまえるのは間違い。バックスイングで右前腕が外に回ると右肩甲骨が下がってクラブが上がりません。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗 日本文芸社刊

【書誌情報】
『究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編』
著者:和田泰朗

ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。本書のスイング論である「キープレフト理論」は、クラブを体の左サイドにキープして振る考え方。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージで、スイングを「吊り子運動」を考えている。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、スイングの動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーに、ぜひすすめたい。本書は、2019年に刊行した『究極のシンプルスイング キープレフト理論』に続く著書。前作のテーマ「スイング作り」を、今回は「スコア作り」に変え、「キープレフト理論」を駆使したラウンド実戦法写真を多用してわかりやすく解説する。この理論の考案者・和田泰朗プロは、世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。また、2020年には女子プロのトーナメントを運営するなど、その活動が注目されている。