SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「キープレフト理論」がシンプルな動きで飛距離の出るスイングができる理由とは!?

フェースターンは必要ない!クラブヘッドの反転作用でクラブを振る

クラブと身体の関係を横に保ちながらスウィングすると、バックスウィングでクラブヘッドは上、ダウンスウィングでは下、そしてインパクトでは上に向かいます。

このヘッドの反転作用が生じることで、「キープレフト理論」ではクラブフェースを返す必要がなく、シンプルな動きでスウィングをすることができるのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●和田泰朗
1976年生まれ。スポーツ医学、ゴルフトレーニングを学び指導者に。2013年に世界的なプロ団体WGTF(世界ゴルフ教師連盟)で会員38000人中1%しかいない「マスター」資格を取得。独自のキープレフト理論が認められ同団体のトップ100にランクされた。