SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「キープレフト理論」におけるクラブと身体の横の関係を作るきっかけとは!?

クラブを横に振るためには、スウィングの始動でグリップを左に動かす

クラブと身体の横の関係を作るきっかけは、スウィングの始動でグリップを左に動かすこと(フォワードプレス)で、そのままバックスウィングすることです。その形のまま、ダウンスイング、インパクトに向かいます。

フォワードプレスをするとクラブのフェースを開き、開いたままダウンスウィング、インパクトをするとボールが右に飛びそうですが、実際は身体を回すことでボールはしっかりとつかまえることができます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●和田泰朗
1976年生まれ。スポーツ医学、ゴルフトレーニングを学び指導者に。2013年に世界的なプロ団体WGTF(世界ゴルフ教師連盟)で会員38000人中1%しかいない「マスター」資格を取得。独自のキープレフト理論が認められ同団体のトップ100にランクされた。