SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

足とクラブが動く中でボールを捉える為に、足と上半身の連動を覚える「ステップドリル1」とは?【最強インパクトを作るうねりスイング/三觜喜一】

Text:三觜喜一

足とクラブが動く中でボールをとらえる効果とは?

◎スイング動作の体を動かす順番を覚える
連続打ちができるようになったら、 球に対して足踏みドリルを応用したステップドリル1を行います。

両足を閉じた状態からスタートします。

まず右足をステップし、続いて左足をステップしながらバックスイングして打ちます。

つねに足踏みしながら打つのがポイントですが、どうしても左足を着地してから、間ができてしまい動きの流れが止まりがちです。

間を置かずに左足を元の位置に戻して打ちましょう。

絶対に左足の動きを止めてはダメです。このドリルのポイントは、左足がつねに動き続けることです。

足踏みドリルでは足と体はつねに動いていましたが、このステップドリル1では、左足が動いたときに、上半身も同時に当てに行こうとするとまったくボールに当たりません。

大事なのは左足をステップして、バックスイングをしているときの体に右回旋のエネルギーが発生している間に、左足が戻ってくることで、これができないとまったくボールに力が伝わりません。

ポイントは左足をステップしたときに、胸を右に向けられかどうか。ここが勝負になってきます。足が動きながら、クラブも動きながら、動きの中でボールをとらえることが重要で、最初はこのようにゴルフスイングというよりは、体操的な覚え方をしたほうがいいのです。

このステップドリル1では、キネマティックシークエンスと言って、体を動かす順番をきちんと理解した上で、どのポジションで球を打てば強く打てるのかも同時に覚えられます。

クラブフェースをボールに当てに行くことだけはやってはいけません。

動きの中でボールをとらえ、最終的に当たる瞬間にフェースターンすることで、ボールに強いエネルギーを与えることができます。

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内