SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アマチュアの多くが知らない「ゴルフスイングはカカト体重」の意味とは!?【三觜喜一の最強インパクトを作るうねりスイング】

Text:三觜喜一

【アマチュアに多い動作のエラー】インパクトで体が起き上がる

体重をカカトにかけながら打つと遠心力との拮抗状態が作られる

クラブを振れば振るほど後ろ重心ではないと本来はバランスがとれません。ここがゴルフスイングの一番難しい部分です。

ゴルフは「止まっているボールを打つ」という比較的やさしいスポーツではありますが、この拮抗を作ることがうまくできないがために、思い通りに球を操れず、楽しめないアマチュアが大勢いるのです。

ハンマー投げでは、カカトに体重をかけながら遠心力をなんとか耐えているわけですが、そういった意味では、ある程度体重が重たい方が、拮抗する力が増えるのでスイングは安定します。

ですから、もしもインパクトの瞬間だけを切り取ったら、後ろに行きたくならないとダメで、シャドースイングならお尻が、後ろに飛び出るくらいではないと拮抗状態を作れません。

クラブを持っていない状態で安定してしまうと、クラブの遠心力がかかったら必ず前に引っ張られてしまい、そういうことがスイング中、実際に起きているのです。

ところがアマチュアのほとんどが、体重をカカトにかけながら打たなければいけないというこのメカニズムを知らないので、クラブが長くなればなるほどうまく扱えないのです。

カカト重心ドリル

切り返しで右足のつま先を浮かせ、カカトに重心をかけながら打つ

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。