SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールを強く叩ける前提となるアドレスの形とは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

Text:浦大輔

手とクラブが直角に近いのでハンドダウンのアドレスになる

●力が必要なショットではハンドダウンにしている
 指の付け根でつかむ、つまりフィンガーグリップをつくると、手のひらに対してクラブがほぼ直角になります。

そのままアドレスをつくると、手が低い位置にきます。つまりハンドダウンです。

この形をつくることが、指でしっかりクラブを支えて、強く叩く前提となります。

ちなみに、手のひらをグリップに密着させる、つまり手のひらで握るパームグリップにすると、手のひらとクラブの角度は斜めになります。

構えたときの手の位置は高い、ハンドアップになります。

【かっ飛び!Point】
フィンガーで握ると、構えたときに腕とクラブの角度が小さくなり、手の位置が低くなります。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。

書籍情報:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』
著者:浦大輔

本書の著者は400ヤード級のドライバーショットを放ち、飛距離アップをメインとするゴルフのレッスンプロ。これまで動画や書籍によって、著者の多岐にわたるスウィング・メソッドを紹介しているが、この本で初めて自身のスウィング論を公開。身体の構造(筋肉や骨)や仕組み、物理学などに基づいた、根拠のあるロジックによりスウィングのスキルアップの方法を解説する。プロゴルファーのスウィングをマネをして覚えるのもひとつの上達方法だが、「コックは何のために使うのか?」「右足は地面を蹴れているのか?」「右腰位置でインパクトできているか?」など、スウィング動作一つ一つについてその目的、理由を解き明かしながら具体的な身体の動かし方や使い方を解説。テキストのほかに数多くのカラー写真や、本書撮り下ろし動画によっても、わかりやすく紹介している。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内