SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダウンスイングで飛ばしに必要不可欠な意識とは!?【浦大輔の『かっ飛び』インパクト/ゴルフレッスンプラス】

浦大輔の『かっ飛び』インパクト

浦大輔の飛ばしのレッスンは、切り返しからダウンスウィング、インパクトとスウィングの後半部分について解説。浦メソッドであなたも飛ばし屋!

【POINT2】フットワーク
身体を開いて右に打つ!飛ばしには不可欠な意識です

●身体の向きと腕の振りを別個に理解しよう

切り返した後、ダウンスウィングで重要なのは、「振る方向」です。ダウンスウィングの動きは非常にスピーディで一瞬なので形を意識しても意味がありませんが、多くのアマチュアが誤解している部分でもあるので注意が必要です。まず絶対的なポイントとして「振る方向」は右方向、ターゲットより右だということです。「振る方向」とは言いましたが、実は「右に振る」感覚では不十分で、「ボールを右方向に打つ」動きであることが大事なんです。なぜならインパクトでは身体が大きく左に回って、肩のラインはターゲットよりも大きく左を向いているから。この状態で右方向に打つイメージがあって、初めて球はまっすぐ飛ぶんです。

ここにも1つ誤解があって、なぜか「ダウンスウィングで身体が開いてはいけない」と思っているアマチュアがとても多い。プロのスウィング写真を見てください。インパクトでは必ず肩はターゲットよりも左を向くように開いています。身体を早く開くと振り遅れそうと言う人がいますが、それは大きな勘違いですよ。この動作は、打つ方向と身体の向きを分離して体得することをおすすめします。まずは腕の振りを覚えて、それから身体の方向を調節するドリルを段階的にやってみると、私の言っていることがよくわかると思います。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。