SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

シャフトのしなりのパワーをボールにぶつける「インパクト効率アップの条件」とは!?【浦大輔の『かっ飛び』インパクト】

【インパクト効率アップの条件】
シャフトのしなりのパワーをボールにぶつけていこう

●引っぱるのではなく押す力を使おう
前号で飛ばしのための「スピードアップ」について説明しましたが、私が常々言っているように、飛ばすためにはスピードだけでなくインパクトの衝撃力を高めることが不可欠です。そこで今回は、スウィングのエネルギーを効率よくボールにぶつけて衝撃力を高める方法を説明しようと思います。インパクトの衝撃力を高めるには、シャフトの力を借りることが不可欠です。ゴルフクラブはただの棒ではなく、スムーズにしなり戻る高性能なシャフトが装着されています。この力を使わずして飛ばすことはできません。

こう話すと、ダウンスウィングでの「タメ」とかヘッドを走らせるということをイメージする人が多いですが、そうではありません。切り返しからダウンスウィングにかけてクラブを「押す」ことでクラブをしならせ、そのしなり戻りをタイミングよくインパクトにぶつけることが大事。引っぱったり引きつけるのではなく、バックスウィングを右手で受け止め、それを押し返す動き。シャフトをしならせてヘッドをボールにぶつけるには、これがいちばん効率がいいんです。

そのためにはタメなど作る必要はありません。むしろアーリーリリースに感じるくらいの早いタイミングで、切り返しの直後からクラブを押し戻すように振ることが大事なんです。

手元や身体をボールにぶつけようとしてはダメ
ダンスウィングでクラブを引っぱるようなイメージや、手元や体をボールにぶつけるような動き、タメを作ろうとする動きなどは、シャフトのしなりを使えずエネルギー効率が悪い。

●右手の“V字”でクラブを支える
右手の親指と人差し指の間の「V字」でクラブを受け止める。

●バックスウィングのスピードが不可欠!
シャフトのしなりを活用するにはバックスウィングを速く上げたい。ヘッドがヒザの高さに来るまでは大きなアークで、その先はできるだけ速く上げよう。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。