SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

たんぱく質不足が引き起こす恐ろしい身近な不調とは?【新ダイエットごはん】

身近な不調はたんぱく質が原因だった?

たんぱく質は体のさまざまな機能に関わる栄養素であるため、不足してしまうとあらゆる不調を引き起こしてしまいます。例えば、「慢性疲労」はアルコールの摂りすぎなどによって発生する「活性酸素」が体に蓄積することが大きな原因のひとつです。このような場合、活性酸素を除去するペプチドを含むたんぱく質が不足している可能性があります。また、「冷え性」は熱を生み出す筋肉が少ないことが要因で起こることがあります。

「むくみ」も体の水分や血液の量のバランスを取るたんぱく質、アルブミンの不足によって起こることが多い症状で、肝臓の不調が原因の場合もあります。「貧血」は鉄とたんぱく質が材料のヘモグロビンが減少することで起こります。

原因の大半はこのどちらかが不足しているケースが多いです。「肩こり・腰痛」は、血行不良やストレスが原因であることもありますが、たんぱく質が不足することによる筋肉の減少で背中の周囲の姿勢を維持できていないことも考えられます。

身近な不調の原因は、意外にもたんぱく質不足によるものかもしれません。思い当たるものがあれば、改めて食生活も見直してみましょう。

出典:新ダイエットごはん

【書誌情報】
『新ダイエットごはん』
上西一弘 著

糖質制限ダイエットが流行する中、筋肉を作る重要な栄養素として注目を集め始めている、『たんぱく質』を使ったレシピを紹介!
1日に必要と言われている分量を効率よくしっかり摂れて、お腹にも大満足のおいしい料理を紹介します。
また、動物性たんぱく質、植物性たんぱく質それぞれのオススメ配分なども考慮した、献立例なども紹介。
たんぱく質を食事の中にどう取り入れていくかよくわからない人でも、これ一冊でリバウンドしないダイエットが可能になります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内