SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

食べないダイエットを一番やってはいけない理由とは?【新ダイエットごはん】

消費エネルギーを増やすことがカギ

ダイエットを始めようとするとき、真っ先に「食べる量を減らそう」と考えてはいませんか。確かに食べる量を減らせば、一時的に体重を落とすことは可能ですが、極度な食事制限はダイエットにおいて一番やってはいけないことなのです。

ダイエットをする際に、最も基本的なことは食事などで摂取するエネルギーを減らすことではなく、消費するエネルギーを増やすことです。もちろん食事制限を行えば、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回るので、体重を減らすことができます。

しかしこのとき、食事を減らしたことによって、エネルギーだけでなく、ビタミンやミネラルなどの体に必要な栄養素も不足することとなります。その結果、痩せられたとしても、不健康な状態に陥ってしまいます。

また、食事を特定の食材に置きかえる単品ダイエットも、栄養素が偏ってしまうので避けましょう。同様に、糖質制限も医師による治療のひとつともいえますので、正しい知識がないまま行うのは危険です。食事を減らすことよりも、必要な栄養素が含まれたバランスのよい食事を摂ることを意識しましょう。

出典:新ダイエットごはん

【書誌情報】
『新ダイエットごはん』
上西一弘 著

糖質制限ダイエットが流行する中、筋肉を作る重要な栄養素として注目を集め始めている、『たんぱく質』を使ったレシピを紹介!
1日に必要と言われている分量を効率よくしっかり摂れて、お腹にも大満足のおいしい料理を紹介します。
また、動物性たんぱく質、植物性たんぱく質それぞれのオススメ配分なども考慮した、献立例なども紹介。
たんぱく質を食事の中にどう取り入れていくかよくわからない人でも、これ一冊でリバウンドしないダイエットが可能になります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内