SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離アップの為のテークバック〜トップの正解とは!?【中村俊介のコンディショニング講座/ゴルフレッスンプラス】

スウィングづくり前に、まずはカラダづくり【飛距離アップのためのコンディショニング講座】

飛距離アップには、まずカラダが自由に動けるかどうかが大事。そのために必要なものがフィジカル(肉体)の柔軟性だ。前回教わったアドレスの姿勢では、股関節の使い方がカギだった。今回はテークバックからフィニッシュまでの動きを見ていこう。

テークバック〜トップで回すのは腰ではなく胸椎

「右股関節の内旋」ができればスウェーとはもうオサラバ
テークバックからトップにかけて必要となる動作が「右股関節の内旋」「胸椎の回旋」「肩の外旋」です。内旋とはカラダの内側に向かって回転させることで、右のお尻が後方に引けず、股関節の内側にシワが寄った状態で、これを〝股関節を入れる〟といいます。股関節が入らないと、ヒザを動かしてカバーしようとしてスウェーの原因になってしまいます。

 

「腰を回せ」といいますが、脊椎の中でも腰椎自体は基本的に回旋しません。胸椎は回旋するので、正しくは「胸椎を回せ」です。「肩の外旋」ができない方は、右ヒジがうまくたたまれず、クラブを正しい軌道に乗せにくくなります。

これがテークバック〜トップの正解

股関節をしっかりと入れながら胸椎を回していくと、正面から見た腰の位置はトップまでほぼ変わらず、軸がズレない。肩の可動域が狭く回旋できない人は、クラブを手で上げようとして右ヒジが曲がるフライングエルボーになりやすい。

【BAD】右ヒジをたためない
肩の回旋ができないと右ヒジをたたむことができず、フライングエルボーに。

【BAD】スウェーする
股関節が入らない状態で上体を回そうとすると、ヒザが動いてスウェーの原因に。

【BAD】お尻が後ろに引ける
右股関節の内旋がないと、お尻を後ろに引くことができず上体を回転させられない。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当