LOVE SPORTS

クラブの番手通りの距離が打てるようになる「カゴ練」とは?

ゴルフスイングの体の動きは横回転ではなく縦の回転

今回は、ゴルフスイングにおける体の動かし方を説明します。ゴルフスイングは回転運動と考えるアマチュアが多いと思いますが、「回転=体を横に回す」ととらえてしまうとボールを上から叩くことができません。クラブをダウンブローに入れられないと、特にアイアンなどは上手く打てないので、横回転と考えている人はイメージを変えるべきです。

私の考えるゴルフスイングは縦の運動です。体を縦に動かすことでターゲットに対してまっすぐクラブヘッドを出していけるのでボールのコントロールが効きますし、ダウンブローにボールをとらえられるのでクラブの番手通りの距離が打てます。

といっても、横に体を回転しているゴルファーにとって縦の運動はイメージしにくいでしょうから、練習場にあるボールカゴのような物を持ってスイング動作を行ってみてください。ある程度の重さと大きさのある物を持って動くと、体は横には回転しないものです。無意識にターゲットラインに沿ってカゴをまっすぐ動かしますし、そのとき肩は縦に回転しているはずです。つまり、ゴルフスイングの動きを自然に覚えることができるというわけです。

カゴを使った練習は「カゴ練」といって、私のゴルフスクールの定番中の定番の練習です。縦の運動だけでなく、胸郭(きょうかく)から動くことやダウンスイングで手元を低い位置に持っていくというような、ゴルフスイングにおいて重要な動作を覚えることができるので、これはまた別の回で紹介します。

カゴのような大きくて重さのある物を振ると、ターゲットに対してカゴを直線的に動かす。

このとき体は横にではなく縦に回転する。

【書誌情報】
『ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!』
著者:三觜喜一

本書の著者は、ゴルフスイングについて「簡単に言ってしまうと直線運動ということ。回転する部分もあるが、直線イメージでとらえることで、スイングはシンプルになる」と言う。そこで、この本では、「スイング=直線運動」に基づいた体の動かし方を学ぶドリルをはじめ、アドレス、グリップ、そしてスイングの具体的な直線動作をわかりやすく解説。また、著者の指導現場で連携しているトレーナーとスイングと体の動きについて対談。スライス、ダフリといったミスショットの具体的な修正法も収録した。