LOVE SPORTS

アマチュアゴルファーがやるべきアドレスからの始動とは!?

始動で左ハンドルを切るとクラブがプレーンに乗る

スイング中のクラブフェースは閉じて→開いて→閉じる、という話をしましたが、その挙動を理解して上手にボールを打つためには始動が非常に重要です。

アマチュアのスイングではテークバックでいきなりフェースを開いてしまう場合が多く、これだとクラブがインサイドに引かれて切り返しでループした後、アウトサイドから下りてくるような挙動が起こったり、あるいはいきなりアウトサイドに上がってそのまま下りてくるということになりかねません。いずれにせよクラブを正しく使うことはできませんから、このような始動を行っているのであれば修正が必要です。

イメージとしては、ハンドルを左に切るような始動が正しい動きです。肩を縦に回すことを意識して手元を先行させるようにテークバックすると自然にこの形になります。手元が肩口あたりまで上がったら切り返し、このとき手元が左に動くとクラブは右に旋回すると共にフェースが開き、右ハンドルを切った状態になります。そこからシャフトを回してフェースをスクエアに戻してインパクトを迎えます。

始動の左ハンドル→切り返しの右ハンドルという動作の流れがあれば、クラブは自ずとプレーンに乗ってきます。

テークバックでフェースを開くことは右ハンドルを切る動きになります。これを真逆の左ハンドルを切ることで、その後の動作が自然に正しくなりますので、ぜひ始動のイメージを変えてみてください。

【書誌情報】
『ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!』
著者:三觜喜一

本書の著者は、ゴルフスイングについて「簡単に言ってしまうと直線運動ということ。回転する部分もあるが、直線イメージでとらえることで、スイングはシンプルになる」と言う。そこで、この本では、「スイング=直線運動」に基づいた体の動かし方を学ぶドリルをはじめ、アドレス、グリップ、そしてスイングの具体的な直線動作をわかりやすく解説。また、著者の指導現場で連携しているトレーナーとスイングと体の動きについて対談。スライス、ダフリといったミスショットの具体的な修正法も収録した。