SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

あなたのスイングが変わる三觜喜一が教えるテークバックの極意とは!?

毎回、芯で打てるようになる
三觜喜一スウィングの“当たり前”
教えます!

たっぷり練習をしているのに、スコアが縮まらない。「いったい何が悪いのか?」。そんな人は、もう一度スウィングというものを見つめ直してみませんか。“ 悩めるゴルファー”のために立ち上がったのは、レッスン界のカリスマ・三觜喜一。数多くのゴルファーから信頼を得ている三觜プロがゴルフの“ 基本のキ”を教えます!

左ハンドルを切りながら、
身体をタテに動かしましょう!

●身体はヨコではなくタテに動かすのが正解

<三觜> スウィングは時計回りで円運動が基本だということが分かったと思いますが、実際のスウィングでこれをやるためにはいくつかの約束を守らなければいけません。

<幡野> なんですか? その約束って。

<三觜> ひとつは、テークバックで左ハンドルを切ること。

<幡野> 今度は車ですか?

<三觜> 本来、クラブは時計回りに回し続けたいけど、スウィングというのは一度クラブを右に持っていかなければいけないでしょう。そのとき、左腕が時計回りに動いてしまうとダウンスウィングでクラブを時計回りで動かすのは難しくなってしまう。

<幡野> つまり、テークバックでフェースが開くような動きになると、ダウンスウィングでは反時計回りの動きになってしまうということですね。

<三觜> そう。だからテークバックでは左腕を反時計回りに動かしたい。

<幡野> なるほど。左ハンドルを切る意識を持てば、自然と左腕が反時計回りになりますね。

<三觜> もうひとつ、身体はヨコ回転ではなくタテに動かすことです。

<幡野> えっ!? それは初耳。身体は水平に回すんじゃないですか?

<三觜> そもそもそれが大きな間違い。バックスウィングでは左肩を下げ、ダウンスウィングでは右肩を下げる。この動きの中に少しでもヨコ回転が入るとスウィングは崩壊します。

<幡野> 幡野 そうなんだ。これからはタテを意識しながらスウィングします。

三觜喜一が教えるポイント
身体をタテに動かすことが大事!

ヘッドをボールに届かせるためにも身体をタテに動かすことが大事。ヨコ回転をしている人は、何とかヘッドをボールに届かせようとして当てにいく形になる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。