SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

右打者不足が顕著!広島カープが4位指名すべき鵜飼航丞/駒澤大

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!広島カープ編

2016年からリーグ3連覇を達成した選手たちが徐々に高齢化し、世代交代を推し進めている広島。一方、ドラフトでは2年連続で即戦力投手の一本釣りに成功するなど、巧者ぶりを発揮している。生まれ変わりつつあるチームだけに、今年のドラフトでどんな選手を指名するかも注目だ。

高校生の大型投手獲得を!野手は右打者不足が顕著

一昨年の森下暢仁、昨年の栗林良吏、森浦大輔など上位指名で獲得した投手は即戦力として活躍を見せているが、リーグ三連覇の主力だった投手が軒並み調子を落としており、まだまだ補い切れていないのが現状だ。さらに気になるのが高校卒の投手が伸びていないところ。若手では塹江敦哉、玉村昇悟しか戦力になっていない。一方の野手は小園海斗、林晃汰の成長は大きなプラスだが、鈴木誠也がメジャー移籍となると一気に右打者が手薄になる。右の強打者タイプは必要不可欠なチーム状況だ。

上位指名で打者を優先することも考えられるが、今年の顔ぶれからするとまずは高校生のエース候補が欲しいところだ。有力選手は少なくないが、チームに合いそうな選手となると風間球打(ノースアジア大明桜)を推したい。本格派らしい本格派で真上から投げ下ろすボールの角度で勝負するというのは森下、栗林にも共通している。やや粗削りな面はあるが、スタミナ面の充実ぶりが目立つのも好材料だ。外した場合は玉村に続く左腕として木村大成(北海)なども候補になるだろう。

1位で投手を確保したら2位ではやはり右の強打者タイプが欲しい。高校生では有薗直輝(千葉学芸)、吉野創士(昌平)、大学生では正木智也(慶應大)が候補となる。この3人の誰かが2位で確保できれば広島としては非常に大きいドラフトとなりそうだ。

ただチーム事情を考えると一人では心もとないため、下位で狙える選手も考えておきたい。そこで浮上してくるのが鵜飼航丞(駒澤大)だ。パワーに関しては正木にも引けを取らず、大型の割に脚力があるというのも広島のチームカラーに合っている。大学の先輩である新井貴浩のように体の強さが感じられるのも魅力だ。

 野手ではスピード自慢の選手も欲しいところだが、狙い目なのが鈴木大和(北海学園大)。抜群の脚力がある外野手でさらに右打ちというのも補強ポイントに当てはまるだけに、下位で狙いたい選手である。

こんな指名はNGだ!

伝統的に猛練習で選手を鍛えて強くするという方針から、体の強さを重視する傾向が強いが、角がとれずに伸び悩むケースも目立つ。一方で森下、栗林などアマチュア時代から安定していた選手は成功している。あまりにも完成度を度外視して、未完の大器タイプばかりを揃えるような指名は避けるべきだろう。

おすすめ指名順位は4位指名!

●鵜飼航丞/駒澤大・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!