SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

メンタル最重視の指名を!阪神が2位指名すべき石田隼都/東海大相模

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
阪神タイガース編

矢野燿大監督のもと、久々の“優勝”が現実味を帯び始めた今季。昨年のドラフト1位・佐藤輝明を筆頭に、伊藤将司、中野拓夢らルーキーが軒並み1軍戦力になり、チーム力が格段に増した。改めて“ドラフトの力”を実感している阪神は、どんな指名戦略をとるべきか!?

メンタル最重視の指名を!センバツV投手は胆力◎

昨年のドラフト1位・佐藤輝明、2位・伊藤将司による想像以上の活躍を見て、確信したことがある。この球団のドラフトは、やはり実力以上にメンタリティーを重視すべきだと。佐藤も伊藤も「メンタル・モンスター」と呼んで差し支えないくらい、自分の世界を持った選手だった。周囲の評価など素知らぬ顔で、いい意味で人を人とも思わない。過剰な在阪メディアや熱狂的なファンによる外圧の強い球団だからこそ、どんな環境でも自分の力を発揮できる選手が必要なのだ。

その意味で1位候補として推薦したいのは、小園健太(市和歌山)か達孝太(天理)である。とくに達はポテンシャルの底知れなさと意識の高さは、ダルビッシュ有(パドレス)の後継者と言いたいほど。あとは早くもメジャーリーグ志望を公言している点が、ドラフト指名にどう影響するか。

さらにドラフト上位で指名したいのが石田隼都(東海大相模)だ。言わずと知れた今春のセンバツで優勝を遂げたサウスポー。球速表示以上に速く見えるストレートと、ストレートの軌道から曲がるスライダーのコンビネーションは高校生では攻略困難だった。昨秋までは異常なまでにハイテンポな投球間隔で投げており、何よりも自分のペースを貫ける精神力が頼もしかった。相手打者を自分の世界に引きずり込める投手と言っていいだろう。プロで力強さを増せば、さらに試合を支配できるようになるはずだ。

他にも秋山正雲(二松學舎大附)も小柄ながら熱いハートを秘めた左腕。将来的にはリリーフタイプとして力を発揮してくれそうで、阪神向きだ。

野手陣のメンバー構成を見ると内野手は右打が不足し、外野手は左打が不足している。内野なら有薗直輝(千葉学芸)、吉野創士(昌平/外野手ながら三塁もこなせる)、池田来翔(国士舘大)。外野なら前川右京(智辯学園)、田村俊介(愛工大名電)、丸山和郁(明治大)らが候補になる。なかでもメンタルにこだわるなら、独自の世界を持つ丸山がオススメだ。

こんな指名はNGだ!

周囲の雑音に敏感なタイプや、巨大な存在と自分を比較して畏縮してしまうタイプは阪神では通用しない。糸原健斗、近本光司、中野拓夢と社会人出身選手が活躍しているのも、潜り抜けてきた修羅場が違うからだろうか。単純なプレーや潜在能力の評価だけでなく、選手の内面的な部分も入念に調査したい。

おすすめ指名順位は2位指名!

●石田隼都/東海大相模・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!