SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

地縁ある素材型の獲得も!西武が4位指名すべき羽田慎之介/八王子

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
埼玉西武ライオンズ編

2018年、2019年とリーグ連覇を果たした西武だが、昨季はリーグ3位、今季はBクラスに沈み、CS進出も危うい状況に。強力打線は健在も、主力の高齢化&連覇時から課題だった投手力は未だ解決されていない。“黄金時代復活”へ、果たしてどんな選手を指名すべきか!?

上位で大学生左腕ゲット!地縁ある素材型の獲得も

せっかく球界屈指のタレントを擁しながら、生かし切れないシーズンが2年も続いている。

とくに先発投手陣は髙橋光成、今井達也、松本航の若きドラフト1位トリオ以外でクオリティー・スタートが期待できる投手がいない。高卒3年目の渡邉勇太朗というプロスペクトはいても、層を厚くしておきたいところだ。

先発型がいない。今年は隅田知一郎(西日本工業大)、佐藤隼輔(筑波大)、山下輝(法政大)、鈴木勇斗(創価大)と人材が豊富なだけに、ドラフト1~2位で確保しておくべきだ。

昨年のドラフトでは渡部健人、ブランドンら強打者を多数獲得。野手中心の指名だっただけに、投高打低のドラフト市場になっている今年は投手中心に補強していきたい。

西武は歴史的にポテンシャル型の素材を好むが、今年もうってつけの存在がいる。身長191センチの大型サウスポー・羽田慎之介(八王子)である。横手に近いスリークオーターから猛烈な勢いで捕手に迫るストレートを武器にし、「和製ランディ・ジョンソン」の異名を持つ。潜在能力だけならドラフト1位指名を受けても不思議ではないが、今夏は左ヒジの骨髄浮腫の影響で登板なしに終わった。スカウトの前でアピールできなかったのは痛いが、春のパフォーマンスを見た者としては超一流の素材だと断言できる。小学6年時には12球団ジュニアトーナメントで西武ジュニアに選ばれた縁もある。

下位指名で他球団にさらわれるくらいなら、ドラフト中位で確実に指名するのも手だろう。

他にも左腕なら泰勝利(神村学園)、松浦慶斗(大阪桐蔭)。右投手なら市川祐(関東第一)、黒田将矢(八戸工大一)、京本眞(明豊)といった将来有望な高校生投手も西武向きだ。

野手は二の次とはいえ、歳が近づく源田壮亮が故障した場合に遊撃手の守備が心もとない。水野達稀(JR四国)、和田佳大(トヨタ自動車)、峯村貴希(日本大)もリストに加えたい。

こんな指名はNGだ!

投手は「リリーフしかできない」というタイプが飽和状態。どのカテゴリーから獲るにしても、いずれ先発を任せるイメージの湧く投手を獲得すべきだろう。一方、野手は補強の優先順位こそ低いが、「外野しか守れない」という選手が飽和状態。できる限り多様なポジションに対応できる選手を獲得すべし。

おすすめ指名順位は4位指名!

●羽田慎之介/八王子・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!