SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

安定していい球が打てる切り返しの条件とは!?【「9時・4時スイング」でゴルフはすべて上手くいく/阿河徹】

Text:阿河徹

切り返し
切り返しで下から上への動きが起こるとプレーンに乗らない

切り返し付近の動作でNGなのは下から上への動きです。クラブと腕が下から上に動いてくると、自分から見て反時計回りの動きが生じ、ダウンスイングで右肩が出ると共にクラブがアウトサイドから下りてしまいます。

初動でインサイドに引っ張り込んでしまうと、まさにこの下から上への動きが起こってしまうので、ダウンスイングでのリカバリーが不可能になってしまいます。切り返しでクラブが立った状態から左サイドでスイングをリードしても、右肩がついてきてしまうので正しい動きにならないのです。左サイドのリード自体は正しくても、切り返しの状態が正しくないので、ダウンスイングで右肩が突っ込んでクラブも外に振られてしまうという、間違った動きになるわけです。こうなると手首の角度をキープしたままならボールに当たりませんので、リリースする他はなくなります。手元を引っ張り上げる動きも伴いますから、インパクトの質としてはかなり悪くなってしまいます。

だからこそ始動が大事で、シャフトプレーンの上にクラブを出していったほうが動きとしては作りやすくなります。もちろんオンプレーンが理想なのですが、シャフトプレーンの下にクラブを入れてしまうと、切り返しで下から上の動きしかできないのでノーチャンス。アウトサイドに上げれば、切り返しで上から下の動き、自分から見たら時計回りの動きを作れるので、ダウンスイングでプレーンに乗せるチャンスが出てきます。

整理すると、切り返しでは自分から見てクラブが時計回りに動く運動が入り、体の左回旋運動が行われることでヒジが体の前に出てきにくくなります。右胸が開かれ、右ヒジが体から離れないので、いわゆるハーフウェーダウンと呼ばれるダウンスイングにおける9時のポジションにクラブを持ってきやすくなります。

【書誌情報】
『「9時・4時スイング」でゴルフはすべて上手くいく』
著者:阿河徹

「9時・4時スイング」とは、時計の9時の位置から4時の位置まで動くスイングのこと。この範囲のクラブと体の動きが、ゴルフ上達のポイントであると著者は考えている。本書は、そのスイングをする際の体の動き、クラブの動きを写真を数多く使い細部にいたるまでわかりやすく解説。加えて、スイング中の体の動きが身につく練習ドリルも紹介している。「9時・4時スイング」でゴルフは劇的に変わる!